【BergerkerOutdoor】アルミ製テーブルは重さに弱い?

キャンプ

どうも、初心者キャンパーのらすたです!

今回は初キャンプの為に購入した『Bergerker Outdoor』のアルミ製テーブルについて、正直にレビューしていきたいと思います。

最初に結論を述べておくと、オシャレだが耐久性に欠けるので、オススメしないという感想です。

ここから先は、なぜそう思ったのか、詳しい感想を書いていきますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

商品情報

ブランド名Bergerker Outdoor
価格¥2,180
素材アルミニウム
使用サイズ長さ40×幅35×高さ32
収納サイズ長さ40×幅14×高さ16
重量約1kg
耐荷重約30kg

収納時はこのように分解することができます。

『Bergerker Outdoor』アルミ製テーブルの悪い所

オススメできない商品なので、最初に悪い所から書いていきますね!

固定するものがなく不安定

この商品はご覧のように、脚の部分と机の部分に分かれているのですが、2つを繋げて固定する物がありません。

なので、机を乗せただけ』の状態になり非常に不安定です。

重いもの(水が入ったペットボトル等)を端っこに置いてしまったら、重量が偏ってしまって、転倒してしまうでしょう。

気を使うので、この商品はオススメできません。

重い物に耐えられない

先ほど、端っこに重い物を置くとひっくり返ると書きましたが、そもそも重すぎるものを中央に置いても、脚の部分が崩れてしまいます。

重すぎるものと言っても、2リットルのペットボトル2本分くらい。

この商品の説明には、耐重量が30kgと書かれていますから、全然大丈夫なはずですよね?

重い物が置けないので、オススメできないという訳です。

『Bergerker Outdoor』アルミ製テーブルの良い所

では次に、この商品の良い所を書いていきたいと思います。

今までの説明を見ていると、悪い所ばかりの商品に見えますが、良い所もあります。

リーズナブルな価格

このテーブルの価格は『amazon』で¥2,180となっており、同じようなサイズ感のテーブルと比較しても、安めの値段設定になっていると思います。

「商品選びに失敗したくない!」という思いは誰もが持つものでしょうが、まだ手を出せる範囲かな?と思いますね。

室内で使える

デザイン的には気に入っているので、最近は室内で使用しています。

画像ぐらいの物は問題なく置けるので、全く使えないという訳ではありません。

個人的な話をさせてもらうと、家でパソコンを使うことが多いのですが、同じような場所で作業していると気持ちが落ちてしまいます。

そこで画像のようにパソコンを乗せて、ベットの上で使ったりしていますね。

重量に耐えられない分、軽さが武器です。

まとめ

以上の話をまとめると、オシャレだけど不安定なので、オススメできないということです。

勿体無いので最近は室内で使用していますが、もし初めからテーブルを購入するなら、他の安定している物を選びますね。

もし、「室内で利用したくて、重いものを置く予定はない!」という貴重な方がいたら、購入しても良いかもしれませんね。