【アウトドア好き必需品】車用防水シートカバー(ボンフォーム)が良い

キャンプ

どうも、初心者キャンパーのらすたです。

キャンプを始めてから、『体が汚れた状態』で車に乗ることが多くなり、すごく気を使いながら運転していました。

そこで車の防水シートカバー(ボンフォーム)を購入しました。

使用してみたところ、想像以上に良かったのです紹介していきたいと思います。

アウトドア好き』で「車内が汚れて困っている!」という方は、参考になるのではないでしょうか?

防水シートカバー(ボンフォーム)

今回amazonで購入した商品がコレ。

色はブラックを。

説明によれば、普通車なら大体の車に被せることができるようです。

僕はハリアーに乗っているのですが、スッポリと被せることが出来たので、大きめの車でも大丈夫だと思われます。

防水シートカバー(ボンフォーム)を使用した感想

では使用した感想を書いていきます。

①サイズはピッタリ

1番心配だったサイズですが、問題なくピッタリでした。

上記の画像通りですが、ちょうどいいサイズで取り外しも10秒くらいで出来るので、いい感じです!

②汚れと匂いを気にしなくて良くなる

このカバーをつけてから、汚れや匂いを気にする必要がなくなりました。

もし汚れていたとしても、このシートが完全にシャットアウトしてくれますからね。

キャンプ後はどうしても服が汚れてしまったり、汗をかいたりして、背中を浮かして座っていたのですが、そのストレスもなくなりました。

この『快適さ』を1000円少しで買えるなら、お世辞抜きで買った方がいいですね。

シートに匂いがついてしまったら手遅れになることが多いですし。(ちなみに僕は少し手遅れ感あります・・・)

③暑さが軽減される

このシートを被せることで、シートからくる熱を軽減することが出来ました。

僕は黒のハリアーで、ご覧のように黒のシートなので、10月になった今でも車内の暑さがヤバいです。

車内の暑さって、シートからの熱が結構占めていると思うのですが、間にコレを挟むだけで結構変わるんですよね。

薄いので、熱が逃げるんだと思います。

体感としては、50%ぐらいカットできるイメージですね。

④質感は普通の布?っぽい

購入画面では、『ゴムっぽい』ような感じでした。

実際に見てみると、表面の質感は「布・絹?っぽい」感じです。

面がこんな感じ。

裏はツルツルした感じですね。

まとめ

キャンプ後の運転問題』に非常に悩まされていたのですが、低価格で解決することが出来てよかったです。

1つ問題なのは、汗の匂いが既についてしまったところ。

消臭剤を何回かかければ直るのでしょうか・・・

車を買うと同時に買っておけばよかったと後悔しています。

汚れた状態で車に乗ることが多い!」という方は、買っておいて損がない商品だと思います!