リバーランズ角川で初めてのタープ張りに挑戦!【キャンプ初心者】

Processed with VSCO with c1 preset
キャンプ

どうも、らすたです!

先日、『リバーランズ角川』というキャンプ場に、ソロキャンプへ行って来ました。

今回も平日ということで、キャンプ場を1人で独占することに。

今回は、リバーランズ角川を使用した感想と、初のタープ張りにも挑戦しましたので、その感想も書いて行きたいと思います。

リバーランズ角川を使用した感想

詳しいことは、HPを参考にしてください。

デイキャンプなのに600円の車代?を徴収された

リバーランズ角川のHPを見ると、デイキャンプは大人1名800円のみと書いてあったのですが、なぜか車代?の600円も徴収されました。

その時は、「あれ、そうなんだ?」という感じで少し疑問に思いましたが、とりあえず払うことに。

みんな払っているのかも知れませんが、「分かりにくい表記だな〜」と思ってしまいました。

らすた
まぁ、デイキャンプ1,400円なら安い方だと思うけどね。

自然に囲まれたキャンプ場

前回使用した『梅の木キャンプ場』でも同じことを書いたのですが、自然に囲まれているという点では、リバーランズ角川の方が上だと思います。

キャンプ場の位置が、『より山の中』にあるので、自然を身近に感じることができます。

おそらく管理人さんは1人で経営されていると思うのですが、キャンプ場内は比較的綺麗に整備されていて、山の中にあるからと言って荒れていることはありません。

平日の梅の木キャンプ場が快適すぎた話!【薪は持参した方が無難】

2019年9月5日

平日は穴場

夏休みシーズンが終了したこの時期は、平日だとほとんど人が来ないらしいです。

平日に行ける方はほとんどいないかも知れませんが、行ける人にとっては、穴場ですね。

休日は、予約で1ヶ月先くらいまでは埋まるらしいので、早めの予約をオススメします!

トイレが汚い

キャンプ場内にトイレが7つほどあるのですが、全てが仮設トイレで、中が非常に汚かったです。

写真がなくて申し訳ないのですが、壁に埃は溜まっているわ、蚊が無数に飛び交っているわ、でキツかったですね。

正直、トイレだけは2度と使いたくないレベルですね。

キャンプ場の近くに使用できるトイレもないので、使用する際は、覚悟が必要です。

らすた
トイレさえ綺麗ならな〜。

初めてのタープ張りに挑戦【キャンプ初心者】

今回は、初めてのタープ張りに挑戦。

1人で挑戦したこともあり、タープを張るだけで2時間ぐらいかかってしまいました。

一応説明書を見ながらやっていたのですが、ペグを打ち込む位置が、意外とシビアで、適当に打ち込みをやっていたらポールが倒れてしまいます。

説明書だけではラチが開かなかったので、コールマン公式のYouTube動画を見ながらやったところ、なんとかタープを張ることができました。

初回なので手こずりましたが、コツは掴んだと思うので、次回からは15分ほどで立てることができそうです。

使用した感想としては、「タープを張っても意外と暑い」という感じです。

もちろん直射日光をくらうよりは全然涼しいですが、快適というわけではなかったですね。木陰があるなら、そっちを選んだ方が良いと思いました。

高級なタープだと完全に日光を遮ることができるのでしょうか?

今後他のタープを購入した際に、比べて見たいと思います。

とはいっても、タープがあるだけでサイト全体の見た目は、断然良くなりますね。

木陰がないキャンプ場は沢山ありますし、これからガンガン使っていきたいと思います。

らすた
タープがあるとオシャレに見えるよね!

キャンプ飯は『牛丼』

今回のキャンプ飯は、『牛丼』を作りました。

材料は、牛肉と玉ねぎと調味料を揃えるだけで簡単に作れるので、オススメです。

デイキャンプはそれほど時間がないことが多いと思うので、早く作れる料理は良いですよね!

牛丼のレシピはコチラ

らすた
やっぱり男飯が1番だよね!

まとめ

リバーランズ角川は、料金が安くて自然に囲まれているので、良いキャンプ場だと思うのですが、トイレを清潔にしてほしいですね。

そこさえ良くなれば、今後も使っていきたいと思えます。

タープを張ると、サイトの見栄えは良くなりますね!

初回こそ手間取りましたが、次回はスムーズにタープを張って、キャンプを楽しみたいと思います。