初キャンプで起きた6つの失敗!【快適なキャンプを送る方法は?】

キャンプ

これから初キャンプをしようと思っている方の中には、「何をどうしたら良いの?」と混乱している人もいるんじゃないでしょうか?

キャンプ未経験者
初キャンプって何を準備したらいいの?
キャンプ未経験者
テントは何を選んだら良いの?

僕は先日、人生初キャンプに行ってきたのですが、失敗続きのグダグダなキャンプになってしまいました。しかしそこから学んだことがあります。

この記事では、僕が初キャンプをした際にやってしまった6つの失敗を具体的に書いていきます。

らすた
解決策も分かりやすく買いていくよ!

初キャンプで起きた6つの失敗!

では早速、『初キャンプで起きた6つの失敗!』について書いていきます。

1.テントのサイズ選びが分からない!

キャンプ未経験者
テントってどれくらいの大きさを買えばいいの?
らすた
大きくて、高さがあるものを選んだ方がいいよ!

大きくて高さがある物を選んだ方がいい理由は、その方が快適に過ごせるからです。

「そんなの当たり前だろ!」と思うかもしれませんが、これが結構重要なんです!

特にテントの高さは『快適差』に直結していて、画像のように低いものを選ぶと、赤ちゃんのハイハイ状態で移動しなければならず、非常にストレスが溜まります。

寝返りもまともに打てないのは苦しいですからね。

大きいテントは高いから無理!」と思う方もいると思いますが、結局は大きいテントを買い直すハメになってしまうと思います。

僕も「安いから!」と言う理由で、上記のテントを購入しましたが、まともに過ごすことができなかったので、結局下記のテントを買い直すことになりました。

上記の商品を実際に試してみましたが、2人〜4人は十分に寝れるスペースがありますし、同じサイズ感の物の中では安い方なのでオススメです。

結局大きい物を買うぐらいなら、最初からしっかりとした物を購入した方がいいですよね。

2.一睡もできない

キャンプ未経験者
ちゃんと寝れるか心配だなぁ・・・
らすた
睡眠はマットが重要だよ!

睡眠はマット選びが重要です。

キャンプ場によっては、下が固かったり、石の場合もあります。たとえ芝生であったとしても、テントのみで眠るのは厳しいです。

僕たちはエアーマットを選んだのですが、食い込みが激しく、『1人が寝返りを打ったらもう1人も波打つ』状態でした。

マットに関しては、一人一人の相性があるでしょうから、店頭で実際に寝てみる方がいいでしょうね。

アルペンアウトドアーズやLOGOSに行けば、マットを試すことが出来ます!

3.タープがなくて昼間が激アツ

キャンプ未経験者
初キャンプにタープっているの?
らすた
必須ではないけど、あった方が快適に過ごせるよ!

タープとは、日差しや雨を避けるための物です

タープがなくてもキャンプはできますが、あった方が確実に充実したキャンプを送れますね。理由は2つ。

1つ目の理由は、暑い日中や突然雨が降ってきた時でも対応できるから。

キャンプをしていれば、日差しが暑かったり、突然雨が降ってきてテントに籠ったりすることが必ずありますが、タープがあれば防ぐことができます。

2つ目の理由は、タープがないと『初心者感丸出し』になってしまうことです。

これは初キャンプの際に痛いほど感じました。

僕が利用したキャンプ場に玄人の方が多かったのかもしれませんが、タープやトンネル型のテントを使っている方がほとんどで、日避けをしていないのは、自分たちぐらいでした。

【朽木オートキャンプ場】充実した施設も、プライベート感がナシ

2019年8月14日

結構恥ずかしい思いをしてしまいましたね。

そんなにお金をかけられないよ!」と言う人は、とりあえずナシでもいいと思いますが、余裕があれば欲しいですね。

4.机が小さすぎて物が置けない

キャンプ未経験者
テーブルはどのサイズを選んだ方がいいの?
らすた
1個目は大きいものを買うことをオススメするよ!

1個目のテーブルは、大きい物を買うことをオススメします!

理由としては、食器類やランタン、食材や携帯など、意外と置くスペースが必要だからです。

小さいテーブルは、オシャレで可愛いのですが、1つだけではスペースが足りません。なので、いくつか買う必要があります。

あまりお金を掛けられない!」と言う方は多いでしょうし、コスト的にも大きいテーブルを購入した方がいいですね。

こちらのテーブルを初キャンプ後に購入しましたが、スペースも十分ですし、『Coleman』のマークが入っているので、オススメです!

5.食材を買いすぎて余らせる

キャンプ未経験者
初キャンプの食事は豪華にしたいな!
らすた
食べられる量をしっかりと考えた方がいいよ!

当たり前のことですが、食材は食べられる量を買いましょう!

食材を残したら、廃棄するか急いで家に帰らないといけませんよ。

僕たちはある程度作る料理を決めて行ったのですが、買い出しの途中で、「〇〇も食べたい、〇〇もやってみたい!」となってしまいました。

結果的に、半分以上の食材を残してしまい、廃棄することになりました。

僕が言えることではないのですが、気をつけてくださいね。

6.ライトが暗くて周りが見えない

キャンプ未経験者
ライトは1個持っていけば十分だよね!
らすた
ライトは2個以上持って行こう!

ライトが複数必要な理由は、全体を照らそうと思ったら1個では足りないからです。最低でも2つは必要ですね。

ライトが1個しかないと、クーラーボックスの中を見る為に移動させたり、お肉を焼くのに移動したりとストレスが溜まります。

僕たちは暗いライトが1個しかなかったので、仕方なくスマホのライトで照らすことになりました。

上記の商品は写真の左側のランタンですが、オレンジっぽい優しい色合いをしており、明るさの割に安価で買えるのでオススメです。

快適なキャンプを送る方法

ここまでの注意点をまとめると。

  • テントは天井が高くて大きめの物を選ぼう!
  • マットは店頭で実際に試そう!
  • 夏のキャンプではタープは必須!
  • テーブルも大きめの物を選ぼう!
  • 食材は食べきれる量を!
  • ライトは事前に複数持って行こう!

初キャンプの失敗で思ったのは、「安い商品は、相応の品質の物が多い」ということです。

もちろん安くていい商品もあるのですが、「ケチると買い直すことになるな〜」と感じました。

みなさんの初キャンプが充実した物になれば嬉しいです!

キャンプ経験1回の初心者が10万円の買い物をしたらオシャレになった話

2019年8月27日