【巨人】首位を独走できている理由

コラム

どうも、らすたです。

2位のDeNAと10.5ゲーム差をつけ首位を走っている巨人。7月に至っては10勝1敗と勝ちまくっています。

なぜこれほど巨人は勝てるようになったのでしょうか?

理由を考えてみました。

巨人が首位を独走できている理由

巨人が勝てる大きな理由は2つあると思っています。

  • 丸を広島から引き抜いた
  • 原監督の采配

この他にも、中川が覚醒したり、坂本が現時点で本塁打トップに立ったりと色々ありますが、大きな理由は上記の2つではないでしょうか。

丸を広島から引き抜いた

昨年まで、巨人の最大の敵であった広島から丸を引き抜きました。

丸は指標的にも毎年リーグトップクラスの数値を出しています。

その選手が広島から抜けて、同リーグの巨人に来たわけですから、広島からするとかなり痛いですよね。

昨年までの広島は、タナキクマル鈴木の大きな柱に加えて、松山やバティスタ、會澤、安倍、西川など、周りの選手も充実していました。そこから一番安定している丸が抜けたことで、他の選手にも影響しているように感じます。

巨人からすると丸が加入したことで、坂本も2番におけるようになり、岡本も4番でしっかりと育成することができています。

1番打者はたまに代わることもありますが、基本的には上位打線は固定することができているので、そこの安心感があることが大きいですね。

また丸は守備面でもスーパープレーを連発して貢献してくれていますね。

昨年から広島以外にはそれほど苦戦していなかった巨人ですから、最大の難敵が不調に陥れば、首位をとってもおかしくないです。

正直に言えば、なぜ勝てているのか分からないこともあります。巨人がメチャクチャ強いというよりは、他のチームの調子があまり上がってこないというのが正しいんじゃないでしょうか。

らすた
他のチームには失礼だけど、手強いなと感じることがあんまりないんだよね。

原監督の采配

2つ目の理由は原監督の采配にあると思います。

采配といっても試合中の采配だけでなく、選手を獲得したり、2軍と選手を入れ替えたりと判断が素晴らしいなと感じます。

らすた
原監督の判断は早いし、根拠があると思う。

内海と長野の放出

内海と長野をプロテクトから外し、人的補償で他のチームに獲得させました。

反対意見も多かったと思いますが、2人の全盛期を見てない僕からすると、原監督にしかできない、素晴らしい判断なのではないかなと思います。

2人ともベテランなので程度の成績は期待できますが、爆発力や若手選手の機会を奪ってしまうことになります。

結果的に2人を放出することで、若手選手が活躍してくれているので良かったですね。

炭谷の獲得

炭谷をFAで獲得した時は、否定的な意見がほとんどでしたし、僕も反対でした。

しかし結果的には、炭谷を獲得することで「捕手3人制」を敷き、疲労の軽減に成功しました。

小林や大城も経験豊富な炭谷から学ぶことも多いでしょうし、もし炭谷がいなかったら首位には立てていなかったと思います。

シーズン序盤の戦力の見極め

シーズン序盤に調子のいい選手を積極的に起用し、「使える選手と使えない選手の見極め」をしていました。

そのおかげで中継ぎ陣も安定してきましたし、打線やサブの選手も定まったのかなと思います。

最初の頃は、「なんでそんな選手を使うんだ」とか叩かれていましたが、ここにきてその努力が実ってきましたね。

まとめ

丸の加入で打線にも守備にも良い影響があるようですね。

序盤は叩かれることも多かった原監督ですが、ここにきて手のひら返しが起きているなと感じます。

やはり結果を出すしかないですね。

原監督の采配は根拠があり、「失敗したら責任を負う」という気持ちは伝わってきます。

確かに「動きすぎだ」と感じることはありますが、首位を独走している手腕はさすがです。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村