「広島嫌いの巨人」と「巨人大好物の広島」

コラム

どうも、らすたです。

7/19(金)から始まった広島3連線。

7月は10勝2敗と絶好調の巨人と5位に転落した広島との対決ということで、「さすがに勝てるだろう」と思っていたのですが、まだ呪いは解けていなかったようです。

3連戦の結果は、6-7,2-4,1-2とまさかの3連敗。

数年前から続いている「広島アレルギー」を克服できる日は来るのでしょうか?

広島に負ける理由

なぜこれほどまでに広島に負けてしまうのでしょうか?

僕は「DAZN」を契約しているので、今回の広島主催の3連戦を生で見ることはできなかったのですが、一応スポナビで行方を追っていました。

チームの成績や選手的には負けているとは思えませんし、他球団は広島と普通に戦えています。

巨人だけが謎の広島アレルギーにかかっているようですね。

原因としては、「巨人戦にだけ活躍する広島の選手」と「広島戦になるとガチガチになってしまう巨人の選手」による相乗効果でこのような結果になってしまうのではないでしょうか?

巨人大好きな広島選手↓

ここまでされると、「他球団もボコボコにできるだろ!」と思ってしまいますね。

次に広島嫌いな巨人選手↓

巨人自慢のクリーンアップが見事に「広島アレルギー」にかかってしまっていますね。

ここまで来るとデータうんぬんよりも、メンタル面による「苦手意識」のようなものが大きいんじゃないかと思います。

だって巨人は、広島対策として広島専用のスコアラーとかを用意して戦っている時期もありましたけど、一切変わってないですもんね?

「広島に勝たないといけない」という気持ちは他球団以上に強いはずです。

今後どうする?

広島に勝てない巨人はどうすればいいのでしょうか?

正直言って、諦めの気持ちの方が大きいです。

負ける原因がメンタル面だとしたら、解決は難しいですし、勝利を重ねていく中で苦手意識を徐々に克服するしかないんじゃないでしょうか。

今シーズンは自信を取り戻しつつ、広島がCSに進まないことを願うしかないですね。

情けない話ですが。。。

まとめ

広島に負ける原因は双方のメンタル面の問題だと思いました。

克服するには時間がかかりそうですね。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村