【巨人】セイバーメトリクスに基づいたオーダーが面白い!【予想外】

コラム

どうも、らすたです。

上記の画像は開幕戦のオーダーですが、巨人は坂本を2番に据える「超攻撃的なオーダー」となっています。

2番に坂本を置くことで、「先頭打者が出たら、とりあえずバント」ということもなくなり、初回から大量得点を期待できるようになりましたね。

このオーダーが実現できるようになったのも、広島で不動の3番打者を務めていた丸の獲得によるもの。

「2番強打者」が効果的だからと言って、クリーンアップに「打力の低い打者」を置くようになっては本末転倒なので、丸の存在は非常に大きいです。

怪我人や調子の良し悪しで多少オーダーは変わるものの、最近までは、ほぼこの形で固定されていました。

しかし4番の岡本の調子がなかなか上がらず、上位打線で作ったチャンスを潰すことが多かったので、最近は以下のようなオーダーを試しています。

チャンスに強い坂本を4番に置き、岡本を下位打線に置くオーダー。

確かに岡本は4番から下げると打ちやすそうですし、この試合でも大量得点で勝っているのですが、もっと良いオーダーはないのでしょうか?

そこで今回は「セイバーメトリクスに基づいたオーダー」を考えていこうと思います。

セイバーメトリクスに基づいたオーダー

打順を語る上でよく見るのが、以下の画像ですね。

セイバーメトリクス ・・・野球においてデータを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/セイバーメトリクス

僕も人ですから、「この選手が好きor嫌い」という贔屓目があったり、「この選手はチャンスに強い」と言うイメージありますが、成績を調べるとイメージとかけ離れていることも少なくありません。

なので、「ここは一旦数字を信じよう!」と思いました。

現時点の野手の成績

まず現在(7/29)の成績を調べていきます。

条件を設定しないと、「1打数1安打、打率1割」とかになってしまうので、今回は50打席以上の打者限定で調べていきます。

※背番号順

選手打席打率本塁打打点盗塁出塁率長打率OPS
陽岱鋼178.2994160.382.427.809
中島宏之65.148151.277.278.555
坂本勇人423.31029694.391.571.962
丸佳浩414.30717548.401.511.912
亀井義行316.30510466.365.496.862
阿部慎之助88.2893190.375.487.862
小林誠司139.2722121.311.352.663
岡本和真405.25817532.337.439.776
炭谷銀次郎117.2555220.304.434.738
ビヤヌエバ217.2258242.324.390.714
重信慎之介111.2871108.321.396.717
ゲレーロ166.2279221.301.460.761
大城卓三218.2704200.318.385.703
田中俊太81.203380.282.377.659
山本泰寛160.241292.325.358.682
若林晃弘153.3053129.400.430.830

50打席を超えていたのは、以上の16人でした。

攻撃全振りの打線

各ポジションで一番打撃成績が良い8人を、セイバーメトリクスのイメージ通りに当てはめていきましょう。

守備力は無視です!

打順選手(ポジション)打率本塁打打点出塁率長打率OPS
1丸佳浩(中).3071754.401.511.912
2亀井義行(左).3051046.365.496.862
3阿部慎之助(一).289319.375.487.862
4坂本勇人(遊).3102969.391.571.962
5若林晃弘(二).305312.400.430.830
6陽岱鋼(右).299416.382.427.809
7岡本和真(三).2581753.337.439.776
8炭谷銀次郎(捕).255522.304.434.738

組んでみた結果、実際の試合ではありえないと思われる、非常にワクワクするオーダーが組めました。

ポジション的にも無理することなく組めたと思います。

1番にいきなり丸が出てきて、亀井、阿部、坂本と破壊力抜群のメンバー。

現実では「阿部が3番にいると走力的に・・・」となってしまいそうですが、試していない所に意外な発見があるかもしれません。

一度試してほしいですね!

まとめ

セイバーメトリクスのイメージに沿った結果、「現実ではまず組まないであろうオーダー」になりました。

しかし試したことがないからこそ、意外にハマり新たな発見があるかもしれません。

どうしても固定概念から抜け出せずに「ありきたりなオーダー」ばかりになってしまうので、数字を信じてみるのも面白いかもしれませんね。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村