【巨人】打線の迫力がない!ビヤヌエバ、ゲレーロの降格は痛かった!

コラム

どうも、らすたです。

巨人の最近三試合の得点は1、1、2点と貧打を極めていますね。

原因としては、坂本と丸以外の調子が下がってきたことが大きいでしょう。

ビヤヌエバとゲレーロを同時に落としたことで、一発を期待できる打者が減ったので打線に迫力がなくなり、特に下位打線はかなり貧弱に見えます。

昨日のスターティングメンバー

1番 左 重信慎之介
2番 遊 坂本勇人
3番 中 丸佳浩
4番 一 岡本和真
5番 右 亀井善行
6番 捕 大城卓三
7番 三 田中俊太
8番 二 山本泰寛
9番 投 高橋優貴
らすた
らすた

一発が打てる打者は重要だね

今回は今の打線の弱点、もっと良い打線は組めないのかなど考えていきたいと思います。

[affi id=4]

今の打線の弱点

まず今の打線の弱点について考えていきたいと思います。

長打力の不足

最近の打線には怖さがありません。

冒頭でも話した通り、ビヤヌエバとゲレーロを同時に落としたことで一発を打てる打者が坂本、丸、岡本ぐらいになったので、下位打線の怖さがなくなりました。

巨人は2番に坂本を置いているので下位打線の出塁も他の球団よりも重要になってくると思います。

田中や山本、捕手が悪い打者と言っているわけではないのですが、長打力があるわけではないので、相手に「安心して攻め込まれている」という感じがありますね。

ビヤヌエバが打率.235、ゲレーロが.226と調子がかなり落ちていましたし、危機感を持たせる意味でも2軍に落としたという判断は納得できます。

「落とすのはゲレーロだけでよかった」という意見をよく見ますし、一理あると思いますが、ゲレーロのモチベーションの維持の為には仕方なかったのかなと思います。

ゲレーロが好調になれば大きな武器になりますし、もし落とすのだとしたら、「シーズン序盤で首位に立てている今しかない」からです。

シーズン中盤で競っている時にあれこれと試していたら、「なんでもっと前に試さなかったんだ」と言って叩かれますよね?

ですからこのタイミングでの試行錯誤は正解だと思いますし、終盤に備えて色々と試して欲しいですね。

らすた
らすた

原監督の采配にはほとんど文句はないよ!

1番打者を固定できない

原監督の采配にほとんど文句はないのですが、唯一言うとするなら「一番打者を固定してほしい」ということですね。

坂本の前ということで、かなり重要になってくる1番打者の役割を毎日動かしていたら選手も困惑すると思います。

調子によって使い分けているのでしょうが上位打線は固定してほしいですね。

個人的には重信か山本を推します

重信は波はあるけど爆発力はある打者だと思っていて、山本は安定している打者だと思います。

巨人の1番打者はとにかく出塁が大事だと思っていて、その点で選ぶなら山本なのですが、最近は調子が下がり気味なので迷うところです。

とにかくどちらかに固定してほしいですね。

理想の打線

上記を踏まえて僕の理想の打線を考えました。

1番 右 重信慎之介
2番 遊 坂本勇人
3番 中 丸佳浩
4番 一 岡本和真
5番 三 ビヤヌエバ
6番 左 ゲレーロ
7番 二 山本泰寛
8番 捕 小林誠司
9番 投

1番は迷いましたが最近調子が上がってきている重信を選びました。ライトを守れるかはわからないのですが最悪練習したらいけますよね?

ビヤヌエバとゲレーロを上げて打線の攻撃力を上げます。ゲレーロの調子が悪ければ、亀井、陽岱鋼で併用するのが一番良いと思います。

最近の一番の問題はサード。

マルティネスと北村はまだ一軍のレベルに達していないと思いますし、田中も不調です。

田中は今年しっかり振ることを意識しているように見えますね、確かに四球は減っていますが成長したら四球も選べてパンチ力もある良い打者になってくれる予感があります。

とにかく今はビヤヌエバが必要です。

らすた
らすた

ビヤヌエバは固定だね

[affi id=4]

まとめ

最近の得点力不足はビヤヌエバとゲレーロを落としたことが原因だと思います。

少しの間は調子の良い選手がいてごまかせていましたが、ここにきて本来の力が出てきている感じです。

ゲレーロは調子次第ですが、今年のサードの状況を見るとビヤヌエバが外せませんね。

試行錯誤する期間は今しかないので、今のうちに色々見極めることができたと思えば良かったのかなと思います。

シーズン中盤に向けて戦う準備はできました、ビヤヌエバもそろそろ上げることができるので首位を独走してほしいですね。

良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村