【巨人ゲレーロ】最近不調のゲレーロ、代えたほうが良いんじゃない?

コラム

どうも、らすたです。

開幕して直後は調子の良かったゲレーロですが、最近は「去年のゲレーロ」に戻っていますね。

ゲレーロが打線にいることで、「名前上の怖さ」みたいなものは確かにあるかもしれませんが、さすがに打てなさすぎます。

長いこと我慢しましたが復調もしなさそうですし、外国人枠も貴重なのでそろそろ代えたほうが良い気がしますね。

今回はなぜ不調になってしまったのか、代わりの選手について考えていきたいと思います。

[affi id=4]

ゲレーロ:選手紹介

まずゲレーロの選手紹介していきます。

ゲレーロ:プロフィール

生年月日(満年齢)1986年11月20日(32歳)
身長/体重(血液型)182cm/99kg(不明)
出身地キューバ
投打右投げ右打ち
ドラフト年(順位)不明
プロ通算年3年
経歴エスクエラ・デポルテ・エイデ高-ドジャース-中日-巨人
主な獲得タイトル本塁打王:2017

選手としての特徴

内野・外野ならどこでも守れるユーティリティプレイヤーである[。 身長182cmとMLB選手の中では小柄ながら、2015年にMLBで11本のホームランを打つなど、長打力のあるバッターである。

Wikipediaより

内野・外野ならどこでも守れるとありますが、巨人に来てからは外野しか守っていません。

ほぼレフト専門ですね。

最近の成績

打率試合打数安打本塁打打点三振四球
3.5003841611
4.19420671326176

開幕から打ちまくって3月は打率.500を記録しています。

今年から原監督に代わって、ゲレーロが「原監督直々の指導」も受けていましたし、復活したなーと思っていました。

しかし4月に入ってから徐々に成績は下降して来ました。

直近6試合では、16打数2安打、打率.125です。

不調の原因

不調の原因は、弱点の高めを突かれていることだと思います。

この弱点は中日時代から言われていて、昨年の不振もこの弱点を突かれたからでしょう。

今年序盤に調子が良かったのは、高めをあまり攻められていなかったから、攻められた時はある程度手を出さずにいられました

打っていた球は、甘めの球、低めの球だったと思います。

最近は高めを攻められることが多く、結果が残せないのでヒットが欲しくて高めに手を出してしまうという悪循環に陥っている気がしますね。

不調の解決方法はあるの?

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201902010000581.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

高めを打てないのはフォームに原因があるそうですね。

原監督のアドバイスで打てるようになったかと思いましたが、依然として高めは打ててないような気がします。

解決方法としては、高めのボール球に手を出さないことかと思いますがそれも無理そうです。

一回2軍に落とすのが良いんじゃないかと思います。

ゲレーロの代役は?

ゲレーロの代役は重信、石川が良いと思います。

2人とも2軍で結果を残しているにも関わらず、ほとんど出場機会をもらえていませんよね。

ゲレーロは結果を残していないのに固定されている状態なので、控えの選手もこのままじゃ腐ってしまうんじゃないでしょうか。

重信、石川だと怖さには欠けますが、使ってみると意外と結果を残す可能性もありますし、外国人枠を1枠自由に使えるので戦力アップにつながるかもしれません。

1回試してみるのもアリだと思いますね。

[affi id=4]

まとめ

最近は弱点を突かれて打ててないゲレーロ。

調子が悪い為にさらに悪循環に陥っている気がします。

ゲレーロを2軍に落として若手を試すと良いと思います。

楽しんで頂けたらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村