【巨人】原監督の采配はどうなの?良い面と悪い面【徹底考察】

コラム

どうも、らすたです。

いきなりですが、広島に首位を奪われるにつれて原監督の采配が叩かれる事が増えているように感じます。

確かに納得できる内容もあるのですが、それにしても「叩きすぎ」なのではないかなーと個人的には思っています。

采配が成功している場合もあるにも関わらず、頑なに認めようとしないのはダメですよね。

今回は原監督の采配について良い面と悪い面を考えていきたいと思います。

原監督の采配

原監督の采配について僕が思っていることを書いていきます。

采配の特徴

原監督の采配は「積極的に動く」事が多いですよね。

チャンスと見るや早い回でも代打を出し、ピンチとなれば細かい継投で抑えにいく。それが成功する時もあれば失敗する時もあります。

今は失敗ばかりが目立っているような気がしますが、早い回での代打が成功して得点につながったケースもありますよね?

前任の高橋由伸監督は「地蔵」と呼ばれるぐらいに動かない監督だったので、原監督と比べると対極にある存在ですね。

「積極的に動きつつ」「選手を信じるところは信じる」2人を掛け合わせたような采配ができると理想かもしれませんが、なかなかそうもいきません。

高橋監督の時は選手を信じすぎている面があって、試合を見ていて退屈だと感じる事がありました。

確かに、原監督は動きすぎる時はあると思いますが見ていて楽しいですしワクワクします。

そして重要なのは、4番岡本を固定しているように大事なところは変えないところ

昨年の成績と比べるとかなりの不調で、チャンスを潰すことも多いので変えたくなる気持ちもあります。

積極的に動くので「我慢ができない」と思われがちですが、よく考えてみるとすごいことじゃないでしょうか。

勝利第一

原監督は開幕前のインタビューで「勝利を第一に考える、勝利を犠牲にして若手の育成をするべきではない」というような発言をしていたはずです。

それを踏まえると、大体の采配に納得がいくのではないのでしょうか。

調子が良い選手(若手)に代打(ベテラン)を出すというのは、勝利の為なんだと思います。

本当に実力がある岡本や吉川尚輝はしっかりと固定しますし、結果を残してきた大城なんかも徐々に起用されていますよね?

今の外野は層が薄いので十分にチャンスがありますし、ゲレーロや亀井よりも明確に上だという事が証明できれば若手もチャンスが貰えるはずです。

意外とデータも見ているよ

相手投手(右左)によってオーダーを変える事が多いですね。

この采配の問題としては、調子が良いのにスタメンで出られなくなってしまう事にあるかと思います。

確かに一理あると思うのですが、意外とデータも見ているんだよという事を伝えたいですね。

相手投手との対戦データや左右どちらが得意か?など。

5/24広島戦の相手投手が床田(左投げ)だったにも関わらず、1番打者に田中俊を置いたのは、床田が「左打者を苦手にしている」からなんですね。

右には左、左には右と考えがちですが、データに基づいた采配もしっかりとしています。

納得できない点

原監督の采配におおむね同意している僕ですが、それでも納得できない点はいくつかあります。

先発投手の中5日」と「中継ぎの細かい継投」ですね。

野手の起用にはほとんど文句はありませんが、投手の運用については改善できる点があるんじゃないかと思っています。

中5日でいくと先発は早い回で降りる事が多くなりますよね、巨人は中継ぎが不安定なので逆効果なのではと思ってしまいますね。

中継ぎも調子が良くしっかりと抑えているのに、無理に左をぶつけようとして打たれているシーンがあります。

調子のいい投手が投げている球が急に悪くなることはほとんどないですし、継投によって出てくる投手が不調の可能性もあります。

ムラのある打撃と違って、調子の良い投手は急に崩れることはあまりないと思うので、無理な継投はやめてもらいたいですね。

疲労も増えますし。

まとめ

原監督は勝利のために指揮しているわけで、負けたいだなんて思っていません。

人それぞれに基準があって、根拠のある采配なのだと思って見ています。

闇雲に叩くのではなく、「こういう考えもあるんだな」と良い面を見て欲しいですね。

考えを途中で曲げずに勝利のために頑張って欲しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村