【巨人石川慎吾】広角に打てる打撃が魅力も、守備力がネックに

選手紹介
らすた
どうも、らすたです。

現在は2軍で調整している石川慎吾。

ダイナマイト慎吾」と言われるように、パンチ力のある打撃で今季も2本のホームランを放っています。

しかし、確率が低かったり守備に難があったりとイマイチ1軍に定着することができませんね。

今回は石川の打撃と守備について詳しく書いていこうと思います。

石川慎吾:プロフィール

まずはプロフィールから。

生年月日(満年齢)1993年4月27日(26歳)
身長/体重178cm/80kg
血液型O
出身地大阪府
投打右投げ右打ち
ドラフト年(順位)2011年(3位)
プロ通算年8年
経歴東大阪大柏原高(甲)ー日本ハムー巨人

広角に打てる打撃力

https://twitter.com/r23h7/status/1000255008489668609

178cmと小柄な体格ながら広角に打てる能力を持っています。

リストが強くナゴヤドームのライトスタンドに運ぶほど。

ただ確率があまり高くないため通算打率は.217と低い数字になっています。

巨人移籍1年目はキャリアハイの成績を残しましたが、それでも打率.242、本塁打5本、打点20とイマイチ。

らすた
この頃はワクワクしてたんだけどな💦

この時が24歳なので期待されていましたが、現在は26歳と若手とは言えない年齢になってきました。

重信や加藤と若手外野手も出てきましたし、そろそろ結果を残さないと厳しい立場ですね。

守備力がネック

石川は高校時代サードやキャッチャーをメインに守っていたらしく、外野の経験がそれほどありません。

それが影響しているのか、守備はあまり上手くありませんね。

打球の判断を見誤ってしまったり、追い方が良くなかったりと色々課題はあります。

今季も打球判断を間違えてバンザイしてしまったことがありましたね。

数試合でもいくつかミスがありましたし、シーズンを通して戦うなら結構厳しいかなと。

らすた
あの守備力ではなかなか使いづらいなぁ・・・

それこそ3割10本打つぐらいでないとなかなか我慢してもらえないでしょうね。

まとめ

打撃にはパンチ力がありますが、打率が低いため、入れ替えの激しい巨人ではなかなか使ってもらえませんね。

重信や加藤など期待の若手も出てきたので、ますます厳しい立場に。

今から守備のレベルを格段に上げるのは厳しいと思いますし、打撃を極めていくしかないですね。

性格的にも好きな選手なので期待しています。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村