【巨人北村】亜細亜大学出身!プロ入り前、2軍成績など

選手紹介

どうも、らすたです。

今日1軍昇格した北村、早速7番サードでスタメン起用されましたね。

結果は2打数0安打に終わりましたが、強い打球はありましたし、守備面では安定しているように見えたので数試合は様子見して見るのも良いと思いました。

ビヤヌエバが降格した今、代わりもいませんしね。

今回はそんな北村について調べていきたいと思います。

[affi id=4]

北村拓巳:選手紹介

北村の選手情報を調べていきます。

北村拓巳プロフィール

まずは簡単なプロフィールから

生年月日(満年齢)1995年8月29日(23歳)
背番号52
身長/体重181cm/88kg
血液型A
出身地石川県金沢市
投打右投げ右打ち
ドラフト年(順位)2017年(4位)
プロ通算年2年
経歴星稜高(甲)ー亜大ー巨人

プロ入り前

小学校高学年・中学校・高校・大学では主将を務めた。

高校入学後は1年春から三塁手のレギュラーを獲得し、2つ上の兄・祥治(現・トヨタ自動車硬式野球部)と三遊間を守っていた。高校3年夏に甲子園出場するも1回戦で敗退した。当時のチームメイトには1学年後輩の岩下大輝(現ロッテ)がいた。

大学進学後は1年秋からリーグ戦に出場し、3年秋は三塁手、4年秋は遊撃手でベストナインに選出された。

大学には3学年先輩に山崎康晃(現DeNA)、薮田和樹(現広島)、大下祐馬(現ヤクルト)、2学年先輩に板山祐太郎(現阪神)、藤岡裕大(現ロッテ)、1学年先輩に宗接唯人(現ロッテ)、同期に高橋遥人(現阪神)がいた。

一部リーグ通算53試合に出場、163打数52安打、打率.319、2本塁打、35打点、10盗塁を記録。

Wikipedia

昨年は代打で1打席を経験

2018年7月20日の広島東洋カープ戦で代打として登場し、公式戦初出場を果たしています。

結果はセカンドゴロに終わっています。

名門、亜細亜大学硬式野球部出身

亜細亜大学の野球部といえば「練習が厳しい」ことで有名ですよね。

上記の通り、山崎康晃や薮田和樹など現役のプロ野球選手も多くいます。

OBには元阪神の赤星憲広さんもおり亜細亜大学時代のことを以下のように振り返っています。

何億積まれても亜細亜大学時代には戻りたくない。

よっぽど練習が厳しかったようですね。

しかし、この厳しい練習の効果があってか亜細亜大学出身の選手は活躍している選手が多い気がします。

亜細亜の練習は日本一シンドイ。それを4年間やったおかげで社会人でもプロでもシンドイと思ったことはない。

赤星さんは上記のようにもコメントしていますね。

いわゆる「亜細亜大学ブランド」といった感じでしょうか。

なので亜細亜大学出身の北村にも期待値が高いですし、主将を務めていたということでチームをまとめる力にも期待したいです。

2軍成績

今年は2軍で調整していた北村ですが、成績はどうだったのでしょうか?

年度試合打率打席数安打本塁打打点出塁率OPS
201938.31315140329.400.884

打率.313本塁打3本打点29と素晴らしい成績を残していますね。

1軍で求める役割

サードのレギュラーを取ってほしいですね。

ビヤヌエバが2軍に降格した今、サードを守れる選手があまりいません。

岡本も守ることはできますが、調子が上がっていないので打撃に集中してもらいたいです。

今日はヒットこそありませんでしたが、強い打球はありましたし、長打力を期待します。

正直なところをいうと、ビヤヌエバが本領を発揮すれば北村が勝つことは難しいと思います。

ビヤヌエバは長打力がありますし、守備も上手いですしね。

ただそれに負けず頑張ってほしいところではあります。

[affi id=4]

まとめ

名門の亜細亜大学出身ということで、厳しい練習を乗り越えた北村に期待です。

いろんな面でビヤヌエバに勝つことは難しいと思いますが、今がチャンスと思ってレギュラーを獲得してほしいですね。

競争感が生まれることで双方にいい効果が生まれてくれると嬉しいです。

楽しいで頂けたらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村