【巨人小林】ホントに正捕手でいいの?【打撃と守備を天秤に】

コラム

どうも、接戦を3連勝で終えてテンションが上がっているらすたです。

接戦というのはヒリヒリしますし、その中で勝利を得ることができると非常に満足感、達成感がありますね。(頑張っているのは選手たちですが。)

近年の巨人は「大差で勝ち接戦で負ける」という戦いが多く、例に漏れず少し前までの巨人もそのような感じでしたが、中日戦でのサヨナラを機に巨人に「流れ」が来ています。

このままの勢いで広島から首位を奪い返してほしいですね。

打撃と守備を天秤に

さてここからが本題なのですが、「昨日の楽天戦のMVPは誰なのか?」という質問をすると、「逆転ツーランを放ったビヤヌエバ」や「先制ソロを放った陽岱鋼」が挙げられると思いますが、小林という声も多いですよね。

確かに、ノーアウト1、2塁の場面で二塁牽制でアウトを取った事で一気に勝利が近づいたことは確かです。

これは大城や炭谷では、もしかしたら刺せなかったかもしれませんね。

しかし思い返せば2回表満塁小林の打席、ノーツーの場面で誰もが「ど真ん中のまっすぐ」を投げると分かっていた所で当てにいくスイングでのショートライナー。

坂本や丸、岡本の空振りを恐れないフルスイングではありません。球種、コースが分かった上で、当てにいった上での結果なのです。

ここが「大城だったらな」と思った方もいるんじゃないでしょうか。

ここで最低でも犠牲フライなど打てていたら展開も変わっていたでしょうし、楽に勝てていた可能性もあります。

確かに最後の牽制は印象に残りますが、そもそもを考えるとどうなの?という提案ですね。

正捕手は小林でいいの?

まさか「小林が使えない」と言い出す気はありません。

ワンバウンドをしっかりと止めたり、フレーミングでストライクに見せたり、盗塁阻止や昨日の牽制など守備面では巨人の捕手で1番だと思っています。

僕は前からそれを生かした「抑え捕手」や大城、炭谷の休養日として起用すればいいんじゃないかなと言っています。

小林の盗塁阻止や牽制を見ると「正捕手だ、打撃は他の選手に任せればいい」と言う人が結構いると思うのですが、「点を取らないと勝てないよ・・・」と思ってしまいますね。

阿部が捕手を務めていた巨人、森友哉がいる西武を見ても打線の厚みは一目瞭然。

特にセ・リーグでは投手が打線に入るので、捕手が打てるか打てないかの差は大きく響くはずです。

打撃成績比較

開幕から2ヶ月ちょっと、疲労も溜まり成績も安定してくる頃かと思います。

ここで小林、炭谷、大城の3人の成績を改めて比較してみましょう。

選手試合打席打率本塁打打点出塁率OPS
小林誠司3586.25917.294.615
炭谷銀仁朗2052.26527.294.743
大城卓三3789.305312.352.791

小林の打率がかなり下がってきていますね。5月打率は.133となっています。

逆に大城は徐々に成績を上げていて、5月打率.342、本塁打3本と絶好調です。

炭谷は安定していますし、FAで獲得した時は反対していたのですが、戦力になってくれていますね。

これを見る限り大城をメインにして、炭谷と小林でサポートしていく形がいいんじゃないかと思っています。

まとめ

小林を下げるような記事になってしまい、小林ファンの方には申し訳ありません。

しかし、僕はチームに勝ってほしいので客観的に見て「こうした方がいいのに」という意見を書いてきました。

小林も場面を考えれば素晴らしい選手だと思うのですが、Twitterなどで異常に推されている現状を見ると違和感があります。

今一度冷静に見てほしいという提案でした。

良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村