【巨人】クックが復帰間近?外国人枠は空き十分!?

コラム

どうも、らすたです。

4/23に右肘の違和感で登録抹消されていたライアン・クックが6/11のイースタン戦(2軍戦)で復帰登板を果たしました。1回を1安打無失点に抑えており、復帰も近そうですね。

本人は肘の状態について「すごく状態はいい、問題はない」と話しているようです。

らすた
らすた

もうすぐ復帰できそうだね!

さて、クックが1軍に復帰するとしたら今後の外国人枠はどうなってくるのでしょうか。

そもそもクックは今の巨人軍に必要なのでしょうか?考えていきたいと思います。

クックが復帰間近!?

クックが2軍で実戦登板をし、近くにも1軍復帰が現実味を帯びてきました。

あと1回でも登板して結果を残し、肘の状態が良ければ昇格するんじゃないでしょうか。

離脱当初の宮本投手コーチのコメントによれば、最短(10日間)で戻ってくるということでしたが、それから1ヶ月以上が経ってしまいました。

クックが離脱してからというもの、ほぼ実績のない中川ら若手投手を中心になんとか凌いできました。

全く盤石ではない中継ぎ陣に加えて先発陣の崩壊も重なり、一時はチームが崩壊しかけたようにも見えましたが、なんとか持ちこたえています。

菅野、マシソンも復帰を果たしていますし、チームに勢いが戻りつつあるんじゃないでしょうか。

らすた
らすた

2位に浮上したし、選手も戻って来た。

確実に流れは来てる!

クックは復帰後も要注意!?

クックは肘の状態が良いと話していますが、登板を重ねればどうなるかは分かりません。

クックは以前に右肘のトミー・ジョン手術をしており、今回の離脱もその影響があるのではないかと考えられています。

肘の耐久力が低くなっている為に、また、いつ離脱してもおかしくないと考えておいた方がいいんじゃないでしょうか。

らすた
らすた

連投や回跨ぎは危険だね・・・

幸い中継ぎ陣に関しては、中川やマシソン、高木、鍬原とある程度戦力が整ってきました。

もちろん層は厚いに越したことはないですが、もし途中で離脱したとしてもなんとかやっていける状態だと思っています。

今後の外国人枠は?

クックが1軍に復帰できる状態になったら外国人枠の問題はどうなるのでしょうか?

現在の外国人枠はメルセデス、マシソン、ゲレーロ、ビヤヌエバの4人。

ゲレーロは最近代打中心になっていますし、ゲレーロの代わりにクックを上げれば問題はないと思います

メルセデスとマシソンは欠かせませんし、ビヤヌエバは不調ではありますが、サードの代わりがいないので落とすことはできないでしょう。

理想を言えば、ゲレーロの代わりに打てる外国人選手がいれば1番でしょう。

先ほども言いましたが、中継ぎ陣は固まりつつありますし、それよりも打線を厚くする方を優先したいですね。

まとめ

クックの復帰はすぐそこまで来ていると思います。

しかし、トミー・ジョン手術の影響もあるのでまた離脱する可能性も十分にあります。

最近は中継ぎ陣も固まりつつあるので、クックがまた離脱したとしても、どうにかなるんじゃないでしょうか。

外国人枠の問題は、ゲレーロの代わりにクックを上げれば解決します。

ただ理想を言えば、ゲレーロも不調ですしビヤヌエバも消去法のような状況なので、打てる外国人野手が必要ですね。

今そんなことを言っても仕方ないので、現在の戦力でどうにか頑張って欲しいところです。

良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村