【巨人】弱点は機動力、走力ではないのか?【盗塁数が少ない】

コラム

どうも、勝てる試合を落としてしまってテンションが下がっているらすたです。

いくら中川と言えど、毎試合調子が良いわけではありませんし、このところ登板数も増えているので仕方ないかなーと思っています。

Twitterを見ていると采配に疑問が残るものが多かったようですが、今日の試合をリアルタイムで見ておらず、ハイライトで軽く見ただけなので、そこらへんには触れないようにしておきます。

それよりもチーム成績を見ていて非常に気になるものがありました。

盗塁数の少なさ」です。

チーム最多が広島から移籍してきた丸の5個というのは、さすがに少なすぎると思います。(巨人生え抜きの選手はどうなってるの・・・)

らすた
らすた

さすがに少なすぎない!?

今回は巨人の盗塁の少なさ、機動力と走力について書いていきたいと思います。

巨人盗塁数

巨人の盗塁数を多い順にまとめてみました。

巨人盗塁数
選手名盗塁数
丸佳浩
坂本勇人
亀井義行
増田大輝
重信慎之介
岡本和真
山本泰寛
ゲレーロ
北村拓巳
小林誠司
中島宏之
吉川尚輝
若林晃弘

これを見ると、上位は中堅とベテランで固められており、盗塁数が多い若手はいないことが分かります。

丸や坂本は増やそうと思えば増やせるかもしれませんが、求められている役割は打つことですし、守備の負担や年齢を考えると無理をさせるべきじゃありません。

もし吉川尚輝が離脱してないければトップに立っていた可能性は大きかったと思いますので、そういう点でも吉川の離脱は痛かったと言えますね。

らすた
らすた

吉川は貴重な選手だったのに・・・

巨人の弱点は機動力、走力

他球団に目を向けると、広島の鈴木や野間、ヤクルトの山田、中日の京田や大島、阪神の近本は全員「10盗塁」を超えており、塁に出すと怖い選手です。

これらの選手は「走攻守」揃っているので打撃だけでなく、他の部分でもチームに貢献できる貴重な選手ですね。

巨人には塁上からプレッシャーをかけられる選手や、2塁からワンヒットで帰ってこられる選手が少ないと思います。

巨人は今まで坂本がその役割を担ってきたと思いますが、年齢もありますし、そろそろ若手に譲っておきたいところ。

若手で期待できるのは、吉川尚輝、重信、若林ぐらいでしょうか。

頑張ってもらいたいです。

そもそも走攻守揃った選手が少ないというドラフト戦略の話になってくるので、そういう選手を獲得してほしいですね。

まとめ

巨人の盗塁数は非常に少ないことが分かりました。

盗塁ができる選手も中堅、ベテラン選手が多いので、若手に頑張ってもらいたいですね。

巨人には、「打つだけ」「走れるだけ」という選手が多い気がするので、ドラフト戦略から見直した方がいいのかもしれません。

良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村