【巨人メルセデス】成績下降、不調の原因は中5日!?【2019成績】

コラム

どうも、らすたです。

昨年は防御率2.05、5勝4敗と素晴らしい成績を残していたメルセデス。

今年も現時点で防護率3.57、5勝4負とまずまずの成績を残していますが、徐々に打たれる場面が目立ってきました。

メルセデスに何があったのでしょうか?

今年の成績を詳しく振り返っていきたいと思います。

メルセデス:プロフィール

先にプロフィールだけ貼っておきます。

生年月日(満年齢)1994年3月8日(25歳)
背番号42
身長/体重188cm/82kg
出身地ドミニカ共和国
投打左投げ両打ち
プロ通算年3年
経歴ヌエバ・エスペランサ高ー1Aハドソンバレーー巨人

2018年成績

今年の成績を振り返る前に、昨年の成績を貼っておきます。

試合投球回完投防御率奪三振率与四球被打率
13922542.055.1816.208

勝ち星には恵まれませんでしたが、防御率2.05、被打率.208はかなり優秀な数字です。

完投も2回記録していますし、回を稼げる投手ですね。平均投球回は7回を超えています!

奪三振率が5.18と低く、与四球も16と少ないので、イメージ通り「打たせてとる投手」ということが数値でも証明されています。

らすた
メルセデスがいなかったらヤバかった💦

2019年成績

では今季の成績(6/18時点)をいろんな角度から詳しく見ていきましょう。

成績詳細

防御率3.57登板11
先発11交代完了0
完投0完封0
無四球0QS6
勝利5敗戦3
ホールド0HP0
セーブ0勝率.625
投球回63打者271
被安打70被本塁打6
奪三振51奪三振率7.29
与四球21与死球1
暴投0ボーク0
失点27自責点25
QS率54.55被打率.287
K/BB2.43WHIP1.44

K/BB とは、奪三振と与四球の比率で、投手の制球力を示す指標の1つ。3.5を超えると優秀と言われる。
K/BB=奪三振÷与四球

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/K/BB

昨年と比べるとほとんどの数字が下がっています。

昨年より登板数は少ないのに与四球も被本塁打も増えていますね。被打率も.287とかなり悪くなっていますし、防御率が3点台で済んでいるのは運がいいんじゃないでしょうか。

ただこの中で奪三振率が7.29に上がっています。

昨年からの変化を成績で判断すると、「コントロールが悪くなって打たれるようになり、長い回を投げることができなくなった、しかし奪三振は増えた」という感じです。

らすた
メルセデスに何があったの!?

左右打者別成績

打者右打者左打者
被打率.273.304
被打数132112
被安打3634
被本塁打51
奪三振2724
与四球147
与死球10

昨年から左打者を苦手にしていたのですが、今年も変わっていません。

それどころか、抑えていた右打者にまで打たれだしているという事実。

らすた
う〜ん予想以上にヒドイな・・・

月別成績

防御率登板投球回
42.54428(1/3)
53.52423
66.17311.2

4月は昨年並みの投球を見せていましたが、徐々に成績を落としています。

投球回も減っており、6月には平均4回も投げることができていません。

らすた
序盤は調子良かったんだけどね。

不調の原因は中5日?

5月の初旬までは好調を保っていたように思いますし、「安心できるのはメルセデスしかいない!」と言った覚えもありますが、5月の中旬ごろから一気に調子を落としました。

その原因は中5日による疲労の蓄積だと思っています。

中5日を実行したのが4月終盤〜5月初旬ですから、その疲労が溜まって崩れたように見えます。

投球回が稼げなくなったのも、中5日による影響じゃないでしょうか。

らすた
たしかに時期が被っているね。

復活は?

成績上は悪く見えますが、直近の日ハム戦はかなり調子が良いように見えました。

コントロールは抜群でしたし、三振も奪えていました。

何度かピンチを背負ったために、球数を要して5回で降りることになってしまいましたが、復活に近づいていると思います。

らすた
かなり調子は良いように見えたよ!

次は無駄玉を減らしていつものように省エネピッチングを心がければ本来のメルセデスが戻ってくるんじゃないかと思います。

菅野も戻ってきて若手投手も活躍していることですし、もう中5日はしない方がいいと思いますね。

まとめ

メルセデスの成績について詳しく見てきました。

4月から徐々に調子を落としているように見えますが、直近の試合は本調子に近かったように思います。

あとは細かい部分を調整してムリな起用を避ければ、復活すると思っています。

戦力に余裕も出てきたことですし、大切に使ってほしいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村