【巨人】メルセデスの年俸が激安!?激辛査定【他選手と比較】

野球

どうも、巨人ファンのらすたです。

今季2年目のメルセデスが粘り強く投げてくれていますね!

現時点(6/14時点)の成績が11登板、防御率.3.57、5勝3負

シーズン序盤から中5日もこなしており、相手チームの研究も進む中、この成績は十分価値があります!

菅野、ヤングマン、高橋優貴が離脱する状況、メルセデスの存在がなかったらチームが崩壊していてもおかしくありませんでした。

そんなメルセデスなのですが、いつ見ても年俸が安すぎます!

なぜこんなに安いのか改めて振り返ってみることにしました。

メルセデス:プロフィール

プロフィールだけ簡単に載せておきます。

生年月日(満年齢)1994年3月8日(25歳)
背番号42
身長/体重188cm/82kg
出身地ドミニカ共和国
投打左投げ両打ち
プロ通算年3年
経歴ヌエバ・エスペランサ高ー1Aハドソンバレーー巨人

経歴

次に経歴をおおまかに説明します。

マイナーリーグ時代

高校卒業後、2012年〜2015年までマイナーリーグでプレーします。

先発・リリーフで計53試合に登板、6勝10敗、防御率3.48。

カープアカデミー時代

2016年には母国・ドミニカ共和国でカープアカデミーの一員として、広島カープのユニフォームを着て約1年間プレーしました。

2017年にジャイアンツの海外トライアウトに合格し、育成選手として入団します。

巨人時代

2017年は二軍で18試合に登板し、2勝3敗、防御率3.29。

2軍で成績を残し続けたことでで実力が認められ、2018年7月8日に支配下登録されます。

メルセデスの年俸は?

メルセデスの現在の年俸は850万円となっています。

2018年7月8日に支配下登録された時の年俸が550万円ですから、300万円アップですね

かなり安くないですか!?

ちなみにメルセデスの2018年の成績がこちら。

試合投球回防御率奪三振率被打率WHIP
1392542.055.18.2080.92

シーズン途中からの1軍昇格で登板数こそ少ないですが、防御率は2.05とかなり良い成績を残しています。

5勝4敗で1つしか貯金を作れなかったものの、これは貧打による影響が大きく野手の責任といっても良いでしょう。

その他の指標も立派な数字ですし、なぜ300万円しかアップしていないのか疑問です。

ハッキリいって可哀想になるレベルです。

巨人の査定がおかしい!?

メルセデスの成績に対する年俸は上記のとおり。

ここで、もしかしたら2018年は巨人が3位に終わってしまったので、全体的に辛い査定になっているのでは?と考えました。

巨人投手陣との比較

メルセデスと同じくローテーションで回っていた先発投手と比較してみたいと思います。※数試合中継ぎとして登板している選手もいます

選手名試合防御率2018年俸2019年俸査定
菅野智之281582.144.5億6.5億+2億
山口俊30993.682.3億2.3億±0
吉川光夫22674.267,000万7,500万+500万
田口麗斗16284.809,000万7,500万−1,500万
内海哲也15554.171億1億±0
今村信貴13623.861,300万2,600万+1,300万

菅野の上がり幅がすごいですが、2年連続の沢村賞ですから妥当といえば妥当ですかね。

しかしメルセデスより防御率が悪い今村が1,300万円増ですから、かなりの違和感を感じます。

今村の査定はやや甘めかな?という感じですが、それほどおかしくありません。

やはりメルセデスの上がり幅が異常に少ないということが分かります。

フランスア(広島)と比較

次にメルセデスと境遇が似ており、共通点も多い広島のフランスア選手と比較していきたいと思います。

フランスア選手紹介

フランスアのプロフィール。

生年月日(満年齢)1993年9月25日(25歳)
背番号97
身長/体重186cm/110kg
出身地ドミニカ共和国
投打左投げ左打ち
プロ通算年2年
経歴セナベック高ーアストロズ傘下ルーキーリーグ
ーカープアカデミー広島

メルセデスと年齢も近く、ドミニカ共和国出身でカープアカデミーに通っていたという共通点があります。

非常に関係が深いですね!

フランスアも育成契約から2018年に支配下契約と活躍の時期も被っていますね。

年俸を比較

では本題の年俸と成績を一緒に見ていきましょう。

試合投球回ホールド防御率2018年俸2019年俸査定
476534191.66880万4,100万+3,220

中継ぎとして47試合に登板し防御率1.66と大車輪の活躍。

リーグ3連覇の立役者といっても過言ではないですよね。

カープにしては随分上げたなと思いましたが、圧倒的な成績やリーグ優勝を加味すると妥当な数字かなと思います。

やはりメルセデスの不遇ぶりが目立ちますね

なぜメルセデスの年俸だけ低いのか?

巨人の選手や他球団の選手と比べても明らかにメルセデスの年俸だけが低いですよね。

なぜなのでしょうか?

ここからは完全に予想でしかないのですが、原因を考えてみようと思います。

メルセデスが巨人に恩を感じているから

メルセデスは巨人のトライアウトを受けて入団しています。

外国のマイナーリーグやアカデミーというと、野球環境としては悪いイメージがありますよね?

そこから抜け出せたのは本人の実力でもありますが、見方によっては巨人が助けたとも言えるのではないでしょうか。

環境が悪い場所から巨人に移籍できたことに恩を感じているのかもしれません。

それを巨人側も分かっていて、「多少厳しくても文句を言わないだろ」的な思いがあったのかもしれませんね。

シーズン途中の昇格だから

シーズンをフルで戦ったわけではないので、貢献度が低いと判断されたのかもしれません。

それにしても良い成績を残していたわけですし、かなり厳しい査定と言わざるを得ません。

来年活躍する保証がなかったから

最終的な成績はかなり良かったメルセデスですが、シーズン終盤は割と打たれていた記憶があります。

他球団も研究してきますから、来年は活躍できなくなる可能性があると判断されたのでしょうか。

それにしても年俸というものは、前年度の活躍によるものですし、来年活躍できないからといって査定を厳しくするのは違いますけどね!

こんなことをしているとメルセデスが将来出ていってしまいそうで不安になります。

まとめ

巨人の選手や他球団の選手と比較した結果、メルセデスだけが厳しい査定をされていることが分かりました。

なぜこうなったのか分かりませんが、メルセデスがかわいそうです。

今年も活躍しているわけですし、今年のオフには昨年分も合わせて上げてほしいですね。

そうしないと放出ということになりますよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村