【巨人中川】球速・球種・コントロール2019!丸絶賛のスライダー

選手紹介
らすた
どうも、らすたです!

今季から守護神として活躍している中川

昨年まではなかなか結果を残すことができませんでしたが、今季から突如覚醒!

不安定な中継ぎ陣の中で唯一信頼できる存在です。

抜群の成績を残す中川は何が良いのでしょうか?

今回は球速・球種・コントロールから、中川が活躍できる理由を探っていきたいと思います。

中川皓太:プロフィール

まずはプロフィールから。

生年月日(満年齢)1994年2月24日(25歳)
背番号41
身長/体重183cm/86kg
血液型A
出身地大阪府富田林
投打左投げ左打ち
ドラフト年(順位)2015年(7位)
経歴山陽高ー東海大ー巨人

球速

2019年はMAX150kmを記録しています。

平均球速は148km前後で、コンスタントに140km後半の球速を出すことができていますね。

らすた
球速だけじゃなくてキレを感じるよね!

リリーフなのでスタミナを考えることなく、1回に全力を注ぐことができるのでこの球速を保つことができているのだと思います。

球種(変化球)

球種はスライダー、ツーシーム(シュート系)の2種類です。

スライダーは特にレベルが高く、巨人に移籍してきた丸は以下のように語っています。

君のスライダー、一番衝撃を受けたよ。(球界で)一番いい変化球だと思うよ。

2年連続でMVPを獲得するほどの選手が、「球界ナンバーワン」と言うほどの変化球だということですね!

らすた
これスゴ過ぎない!?

さらに、こうも語っています。

一度、外れた球は普通はそのまま外れる。でも皓太のスライダーはそこからビューンとすごい角度でゾーンに戻ってくる。去年初めて見たとき、一番の衝撃を受けました

最近の試合ではこのスライダーとストレートのほぼ2種類のみで相手を圧倒しています。

どちらもレベルが高いので、少ない球種でも活躍することができるんでしょう。

コントロール

中川はコントロールも抜群に良いです。

6/26時点で34回(1/3)を投げて四球はわずか5個。

ストライクを取ることに困ることはありませんし、見ていて非常に安心感があります。

このコントロールでストレートとスライダーを自在に操り、相手をねじ伏せるというわけですね。

らすた
抜群のコントロールがあってこそだね!

まとめ

ほぼ2球種で相手を圧倒できる理由がわかったと思います。

丸も絶賛するほどのスライダーとキレのあるストレートを抜群のコントロールで投げ込んでいるからですね。

今年は特に中継ぎ陣が不安定で中川の負担も増えていると思うのですが、怪我なく頑張ってもらいたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村