【巨人】中島宏之は1軍に必要なの?獲得理由は原監督との相性?

コラム

どうも、らすたです。

今季から巨人に加入した中島宏之選手。

7/10時点での打率は.167と不調にも関わらず、開幕からほとんどを1軍で過ごしています。

原監督がWBCで優勝した時のメンバーということで、原監督の贔屓だとも言われていますね。

なぜ中島は1軍に居られるのでしょうか?1軍に必要な存在なのでしょうか?考えていきたいと思います。

中島宏之:プロフィール

まずはプロフィールから。

生年月日(満年齢)1982年7月31日(36歳)
身長/体重180cm/90kg
血液型A
出身地兵庫県
投打右投げ右打ち
ドラフト年(順位)2000年(5位)
プロ通算年17年
経歴伊丹北高ー西武ーアスレチックスー2Aミッドランドーオリックスー巨人

巨人が中島宏之を獲得した理由

巨人が中島を獲得した理由は、上記の記事で説明されていました。

簡単にまとめると、勝負強さと原監督との相性の良さが決め手になったようです。

らすた
昨年の巨人は代打が弱かったから、そこも考えたのかな?

中島は1軍に必要なの?

現在の中島の役割は、右の代打ですね。

スタメンで出ることはほとんどなく、ファーストとサードをたまに守りますが、ほとんど守備にもつきません。

7/10時点での成績が59打席で、打率.167、本塁打1、打点5、OPS.618となっています。

正直に言えば、1軍に居られるのが不思議になる成績ですね。

2軍には北村や山下などの期待の若手もいますし、中島より打てる可能性もあります。

ではなぜ中島が1軍に居られるのかというと、原監督からの信頼があるからだと思います。

WBCでの活躍を見ている原監督からすると、中島を2軍に落とす決断ができないんじゃないでしょうか?

もう一つ考えられる理由は、若手を2軍でしっかりと育成したいからですかね。

代打のポジションは打席もほとんど与えられませんし、守備につく機会もほぼありません。そのポジションに若手を置くぐらいなら、2軍でしっかりと経験を積ませたいという考えがあるのかもしれませんね。

らすた
たまに代打で出すぐらいなら、2軍で鍛えた方がいいかも。

確かに中島を見るぐらいなら、若手を見たいと思ってしまいますが、育成面で考えると良くないかもしれませんね。

まとめ

中島が1軍に居られる理由は、原監督からの信頼と若手育成の為なのかなと思いました。

若手を1軍で見たいという気持ちはありますが、育成面で考えると代打のポジションは良くないかもしれませんね。

消化試合になれば、若手をスタメンで見たいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村