【巨人野上】接戦の場面は怖い!?今後の中継ぎ運用は?

コラム
https://twitter.com/UbI08dmS4X0hifN/status/1122061453903577088

どうも、らすたです。

今日は野上が抑えとして登板しました。

5-2、3点リードの場面で登板しましたが、なんとか2失点で抑えて勝つことができました。

ツイートした通りなのですが、接戦の場面で起用するのは怖いかなと思います。

ただ巨人の残りの中継ぎ陣を見ると、野上を選択するしかない状況でしたし仕方ないかなと思いつつも、どうにかして中継ぎ不足を解消しないとこの先厳しいですね。

今日は野上についてどんな選手なのか調べていき、今後の解決策を探していけたらなと思います。

野上 亮磨:選手紹介

野上の選手紹介をしていきます。

野上亮磨プロフィール

生年月日(満年齢)1987年6月15日(31歳)
出身地福岡県
身長/体重177cm/77kg
血液型A
投打右投げ右打ち
ドラフト年(順位)2008年(2位)
プロ通算年11年
経歴神村学園高(甲)ー日産自動車ー西武ー巨人

選手としての特徴

スリークォーターから平均球速約141km/h、最速149km/hのストレートにスライダー、チェンジアップ、カーブ、フォークを混ぜる。

Wikipediaより

2018年途中から中継ぎへ

巨人に入団して最初は先発で起用されていましたが、数試合しても結果が残せなかったので2軍に降格しました。

中継ぎが不足していたこともあり、その後中継ぎとして1軍に昇格しています。

2019年も中継ぎとして昇格

開幕してから2軍で先発として調整していたようでしたが、クックの離脱があり中継ぎとして1軍に昇格しました。

クックについては先日記事を書いてますので貼っておきます。

元々は先発も経験していますし、長い回も任せられる中継ぎとして期待していました。

今年初登板となったヤクルト戦では3回を1安打に抑えていましたね、実際に映像を見ていなかったのですが、今年は期待できるなと思っていました。

接戦の場面では怖い

今日初めて野上の投球を見たのですが、接戦の場面では怖いなという印象です。

コントロールは安定していますし、ストライクに困るということはないのですが、球威が足りないのか簡単に弾き返されているような気がします。

筒香にも簡単にタイムリーを打たれていましたね。

最初のツイート通り、野上は長い回を最少失点で抑えるところが長所だと思っています。

先発で6回3失点に抑えたり、先日のヤクルト戦での起用法ですね。

1点を争う場面だとホームランを打たれると厳しいので、野上には合っていないような気がしますね。

マシソンの復帰が近い?

マシソンは順調に回復しているようです。

今日の継投を見て「中継ぎがヤバい」と再認識しました。

5月下旬どころか今すぐにでも帰ってきて欲しい状況です。

今日から10連戦もありますし、これまで以上に中継ぎの力が必要になってきます。

これからの運用はどうなってくるのか、、、心配ですね。

まとめ

接戦の野上は怖いなと思いました。

ただ今日のブルペンの状況を見ると野上の登板は最善の選択だったかなと思います。

そもそも中継ぎが不足しているのでそこから解決しないと厳しいです。

マシソンが順調なようですが、それでも最短で5月の末ということ。

それまでをどう乗り切るのか、復帰したとしても調子が良いか分からないので、新しい中継ぎを探すかするしかないですね。

楽しんで頂けたらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村