【巨人坂本勇人】坂本勇の打順は1番でいいのか?適正打順は?

コラム

どうも、らすたです。

坂本が1番、丸が2番に座ってから2人の調子が落ちているような気がします。

打順と調子が関係あるかは分かりませんが、坂本が2番にいた方が攻撃のバリエーションが増えて相手からしても怖い打線になるんじゃないかなと思っています。

吉川尚輝が離脱して「他に1番を任せられる選手がいないのかな」「山本、重信じゃまだ物足りないかなー」といろいろ考えているのですが。

今回は坂本勇の打順は1番でいいのか?どのように打順を組むのがベストなのか考えていきたいと思います。

[affi id=3]

坂本勇人:選手紹介

まず坂本がどんな選手か分からない人のために簡単に選手紹介していきます。

坂本勇人プロフィール

生年月日(満年齢)1988年12月14日(30歳)
身長/体重186cm/83kg
血液型AB
出身地兵庫県
投打右投げ右打ち
ドラフト年(順位)2006年(高校生ドラフト1巡目)
プロ通算年13年
経歴光星学院高ー巨人
主な獲得タイトル首位打者:2016
最高出塁率:2016
最多安打:2012
ベストナイン:2009,2012,2016,2018
ゴールデングラブ賞:2016,2017

プロ入り後の成績

年度試合打席打率本塁打打点得点圏出塁率OPS
200743.333021.000.333.667
2008144567.257843.256.297.650
2009141640.3061862.294.357.823
2010144676.2813185.321.332.836
2011144624.2621659.361.313.714
2012144619.3111469.286.359.815
2013144620.2651254.237.334.728
2014144616.2791661.328.344.764
2015130558.2691268.323.353.754
2016137576.3442375.339.433.988
2017142614.2911561.296.372.802
2018109502.3451867.410.424.962

1番に座ってから打率は急降下

2番に座っていた時の打率は.404ありましたが、1番に座ってから.356に急降下しています。

1番を打った5試合の打率が.238で21-5です。

ただ単に、調子が悪い時期が重なっただけかもしれませんが心配ですよね。

去年も1番を打っていた時期があったのですが、その頃から「1番打者は嫌い」って言ってますからね。

それでも結果は残していましたが、苦手意識みたいなものがあるのかもしれません。

坂本の適正打順は何番なのか?

坂本の適正打順は何番なのかというところを考えていきたいと思います。

坂本自身の適正は?

上記の成績を見てもらうと、2016年頃から打撃が覚醒していることが分かると思います。

出塁率、得点圏打率、OPSは常に優秀で出塁もできて、チャンスにも強く、長打もある程度打てる打者だとということが分かります。

得点圏打率は運というか、幅があるものかもしれませんが、ほとんどのシーズンで3割を超えているのでチャンスに強いと言えるんじゃないでしょうか。

走力もあることを考えると、1番〜3番がいいかなと思います。

ただ長打も打つことができるので、1番だと長打力が無駄になってしまうかもしれませんし、2番か3番のどちらかがベストかなと思います。

他の打者との兼ね合い

坂本の適正は2番か3番かと思いますが、他の打者との兼ね合いもあります。

坂本を2番に回す為には1番にある程度打力がある選手を置かなければ力を生かせません。

開幕当初は吉川尚輝が4割近い打率を残してくれていたので、打線が機能していましたが離脱してしまいました。

山本や重信は最近結果も残していますし、ポテンシャルがあると思うのでどちらかが1番に入るのが良いんじゃないかと思ってます。

まとめ

坂本は何番がいいのか考察してきましたが、尚輝がいるなら2番のままがいいと思いますね。

尚輝が出塁してから坂本、丸、岡本、ビヤヌエバと続く打線はロマンがありましたし、見ていて本当にワクワクしました。

坂本を1番に置くと打線の怖さが急になくなるような気がします。

山本、重信は1番を任せられる力を秘めていると思うので、試してほしいですね。

楽しんで頂けたらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 [affi id=3]