【巨人亀井】疲労が限界?出れば出るほど成績が落ちる!代役は?

コラム
らすた
どうも、らすたです!

吉川尚輝が離脱して以降、1番打者を務めることが多い亀井ですが、最近は疲労がピークに達しているように見えます。

序盤は3割を超えていた打率も、現在は.269まで落ちてしまいました。

もうすぐ37歳を迎えるベテランですし、これ以上1番を任せておくのは厳しいでしょう。

そろそろ代わりの選手を考えた方がいいと思います。

今回は亀井の成績を振り返り、代役は誰が良いのかということについて考えていきたいと思います。

亀井義行:プロフィール

まずはプロフィールから。

生年月日(満年齢)1982年7月28日(36歳)
身長/体重178cm/82kg
血液型AB
出身地奈良県
投打右投げ左打ち
ドラフト年(順位)2004年(4巡目)
プロ通算年15年
経歴上宮太子高(甲)ー中大ー巨人

2019年成績

2019年現在(7/1時点)の成績を見てみましょう。

試合打席打率本塁打打点盗塁出塁率OPS得点圏
64229.2696316.345.783.192

一時期は3割を超えていた打率も現在は.269まで落ちてしまいました。

出塁率こそ.345とまずまずの成績を残していますが、序盤の貯金がほとんどで、最近の打席ではあまり期待できません。

また得点圏も.192と低く「チャンスに強い亀井」というイメージは、どこにいってしまったのでしょう。

しかし謎の「亀井ならなんとかしてくれる感」があり、首脳陣が起用したくなる気持ちも分からなくはありません。

流石に休養はとった方がいいですけどね。

らすた
そろそろ限界だよ💦

疲労が限界?出せば出すほど成績が落ちる!?

亀井は昨年もシーズン後半になるにつれて成績を落としていましたね。

ベテランですから1年間を戦うスタミナがないのでしょう。

昨年と今年の月別成績を見てみましょう。

年度3・4月5月6月7月8月9月10月
2018.345.297.253.300.156.170.250
2019.246.348.216

今年は昨年よりも早くスタミナ切れを起こしているように見えますね。

このまま使い続けても昨年の二の舞になってしまう気しかしません。

らすた
昨年の失敗を生かさないとね!

代役は?

亀井の代役としては、陽岱鋼と加藤の併用がいいと思います。

陽岱鋼

丸、亀井、重信の次に安定している外野手でしょう。

打撃の波が大きいですが守備が安定していますし、下位打線なら問題はないでしょう。

今年は打率.298といいですし併用なら期待できます。

加藤脩平

現在は2軍にいますが2軍では打っているようですし、打席の雰囲気も良いものを感じました。

守備も上手いようなので、育成しながら使ってみたいですね。

陽と同じく1番を任せるのは早いので、下位打線で暴れてくれると嬉しいですね。

らすた
チームが首位で余裕があるうちに使っておきたいね!

まとめ

亀井は疲労でそろそろ限界だと思います。

リフレッシュした状態ならまた活躍してくれると思うので、陽岱鋼と加藤を併用する案が良いと思います。

2人とも守備がいいですし、もし打撃が不調でも貢献してくれるんじゃないでしょうか。

1番に置くのは怖いので下位打線において、重信を1番に置く形が良いと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村