【巨人横川凱】現在の目標はストレートの強化?特徴(球速・球種)

選手紹介

どうも、らすたです。

2018年のドラフト4位で指名された横川凱投手

あの名門校、大阪桐蔭の出身ということで、指名された時は話題になりました。

大阪桐蔭では柿木、根尾に次ぐ3番手であったにも関わらず、高い潜在能力を評価され、柿木より指名順位が早い4位での指名に。※柿木は日ハムが5位で指名

らすた
横川が先に指名された時は驚いたよね!

この横川とはどのような選手なのでしょうか?

球速や球種、大阪桐蔭時代、現在の様子などに迫っていきたいと思います。

横川凱(ヨコガワ カイ)プロフィール

まずはプロフィールから。

生年月日(満年齢)2000年8月30日(18歳)
身長/体重190cm/90kg
血液型B
出身地滋賀県米原市
投打左投げ左打ち
ドラフト年(順位)2018年(4位)
プロ通算年1年
経歴大阪桐蔭高(甲)ー巨人

大阪桐蔭高校時代

横川の世代には、根尾や藤原、柿木といったタレントが揃っていて、甲子園の春夏連覇も果たしています。

冒頭でも書きましたが、横川の大阪桐蔭での立ち位置は、柿木と根尾に次ぐ3番手でした。

甲子園終了後のU-18日本代表でも根尾や藤原、柿木の3人が選ばれる中、横川だげが選ばれていません。

横川は3人について以下のように語っています。

(高校時代の注目度は)全然違いました。根尾とか藤原とか柿木が注目されて、ぼくは全然注目されていなかったので、『絶対プロに入って逆転したろ』という強い気持ちはあった。

そんな中で横川が4位で指名された理由は、素材を評価されたからでしょう。

190cmという身長とサウスポーという素材を持っている選手はなかなかいません。体も線が細いですし、育成は難しいかもしれませんが、育った時には貴重な戦力になってくれるんじゃないでしょうか。

らすた
高身長サウスポーはロマンがあるね!

大阪桐蔭の西谷監督も横川の実力を認めています。

中学のポテンシャルで言うと、うちでエースになっておかないといけないですね。身長が190センチありますからね。みんな育てたい選手ですけど、その中でも育てたい左投手でした。なかなかいる素材じゃないので。(OBの阪神)藤浪じゃないですけど。まして、左なので

特徴(球速・球種)

次に横川はどのような球を投げるのか紹介していきます。

球速

横川の最高球速は144kmです。

上記の試合を見ると、平均球速は135km程ですね。

体格を考えるともっと球速を伸ばして欲しいところではあります。

また、横川のストレートはジャイロ回転に近い回転をしているらしく、ゴロを量産できる球質を持っているらしいのです。

なかなか珍しい球質らしいので、期待してしまいますね。

横川の球質については以下の記事で詳しく解説されています。

球種

横川はスライダー、カーブ、チェンジアップの変化球を持っています。

特にスライダーの使用頻度が高く、ストレートとスライダーの組み合わせで抑える投球を得意としています。

高校時代のスライダーを見てもキレが良く感じますね。

現在の様子は?

横川は現在3軍で体づくりや基礎練習をしているようです。

2軍戦にも1度登板していますが、1回2失点、防御率18.00に終わっており、まだ2軍のステージは早いようですね。

3軍で意識していることは、「真っ直ぐの強化」。

もっと真っすぐで勝負しないと後々、通用しなくなる。今からしっかり磨いていけば、押せる投手になれると思う。今は真っすぐに絶対的な自信がないので、変化球に頼ってしまっている部分もあるので

また杉内投手コーチとのフォーム改造にも取り組んでいるようです。

杉内投手コーチは横川のフォームについて以下のように語っています。

もともと(打者方向に体が)突っ込みやすいタイプで、ひどくなっていた

現在は2段フォームを試したり、足の上げ方を変えたり試行錯誤しているようです。

らすた
技術的な伸び代もあるんだ!

まとめ

高校時代の横川はスライダーとストレートを織り交ぜながらの投球でしたが、現在はストレートの強化に励んでいるようです。

そのストレートの質もジャイロ回転に近く、相手打者からすると打ちにくいのかもしれませんね。

体格的にも技術的にも伸び代はまだまだありそうですし、育成が成功したら素晴らしい投手になってくれそうです。

期待しておきましょう。

良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村