【巨人吉川尚輝】打撃もセンス抜群!丸のフォームを参考に!?

選手紹介
らすた
どうも、らすたです!

吉川尚輝選手といえば抜群の守備力に目が行きがちですが、打撃も素晴らしいんです。

腰痛でシーズン序盤に離脱してしまいましたが、11試合で打率.390と覚醒

「せっかく打撃が覚醒したのに・・・」と残念に思った方も多いと思います。

今日は吉川の打撃覚醒の理由に迫っていきたいと思います。

そもそも打撃は悪くなかった?

守備は完璧だけど打撃はイマイチ、、、」というイメージがありますが、入団後の成績を調べてみると「結構打ってるな」という感想でした。

年度試合打数安打打率本塁打四球出塁率OPS
20175113.27300.273.545
20189235580.253419.304.665
2019114116.39003.432.846

1年目は上半身のコンディション不良で出遅れていますが、打率.273

2年目も92試合と多くの試合に出ながら打率.253、本塁打4本とまずまずの成績を残しています。

らすた
もともと打撃悪くないじゃん!

気になったので、同年に入団した大山選手(阪神)と京田選手(中日)の成績と比較してみたいと思います。

大山悠輔

年度試合打数安打打率本塁打四球出塁率OPS
20177519847.237718.309.723
201811734795.2741126.326.773

京田陽太

年度試合打数安打打率本塁打四球出塁率OPS
2017141564149.264418.297.652
2018143578136.235419.266.572

2人とも思ったより素晴らしかったですね。

吉川は年々成長を見せていますし、今後に期待したいと思います。

吉川尚輝は丸を参考にしている!?

これはキャンプ時の丸の打撃練習です。

丸のフォームを見てもらうと打つ直前にグリップを上下させていることが分かると思います。

この上下させる動作ヒッチと言います。

ヒッチ・・・一般的にはグリップを上下(主に下がる)させることを指す言葉

オープン戦から吉川尚もヒッチを取り入れており、タイミングの取り方が良くなったそうですね。

らすた
丸の存在は本当に大きいよ!

吉川尚輝の弱点は選球眼?

吉川の成績を見てもらうと分かるのですが、出塁率があまり高くありません

積極的に打ちに行っているというのもあるかもしれませんが、選球眼があまり良くないように感じます。

四球を選べない打者は、不調になると抜け出せないことが多いですし改善したいですね。

これから1番打者を務めることも多くなると思うので、出塁率は残せるようにしておいた方がチームにとっても助かります。

らすた
出塁率も上がったら最強のリードオフマンだね!

まとめ

吉川尚選手について調べた結果、もともと打撃センスあったんだなと感じました。

丸のフォームを参考にすることで完全に覚醒したようです。

選球眼などの課題はあるので、さらに成長してもらいたいですね。

読んでいただきありがとうございました。

楽しんでい頂けたならクリックの方よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村