【巨人陽岱鋼】巨人は陽を使うしかないのか?他に良い選手いないの?

コラム

どうも、巨人ファンのらすたです。

昨日の広島戦クックの炎上も想定外でしたが、陽岱鋼のダブルプレーも相当メンタルにきました

次の打者が坂本だっただけにどうしても坂本まで回して欲しかった、、、

昨日はホームランを打っている陽岱鋼ですが、チャンスで打てないイメージが強すぎるんですよね。

今回は巨人は陽岱鋼を使うしかないのか他に良い外野の選手はいないのか?について考えていきたいと思います。

陽岱鋼を落とすつもりではないのですが、チーム勝利の為に厳しく書かせてもらいます、陽岱鋼を応援しているファンの方には申し訳ないです。

[affi id=2]

陽岱鋼:選手紹介

まず陽岱鋼の選手紹介をした後に、巨人が陽岱鋼を起用している理由を考えていきたいと思います。

陽岱鋼プロフィール

生年月日(満年齢)1987年1月17日(32歳)
身長/体重183cm/89kg
血液型A
出身地台湾
投打右投げ右打ち
ドラフト年2005年高校生ドラフト1巡目
プロ通算年14年
経歴福岡第一高-日本ハム-巨人
主な獲得タイトル盗塁王2013,ゴールデングラブ賞2012~2014 2016

打撃の特徴

日本ハム時代の2013年は中堅方向への本塁打が多かったが、陽自身は逆方向を意識している旨を述べている。
三振が多く、2011年のレギュラー定着以後、規定打席に到達したシーズンは、三振が全て100を超え、BB/Kのキャリアハイは2013年の「0.49」となっている(2018年シーズン終了時点)。また、日本ハム時代は「規定打席に到達した上での打率3割」に到達した経験がなかったため、巨人移籍直後の自主トレ(2017年1月)の際には、自身の課題として「3割を打たないといけない。打ったことがないので、打者として早く壁をクリアしたい」という趣旨のコメントを残している

Wikipediaより

BB/K・・・野球において打者の選球眼の良さを表す数値
「四球÷三振」によって計算されて、三振をひとつ記す間にいくつファーボールを選ぶかを表す。
高い打者ほど三振数が少なく、四球を多く選んでいる事になり、高い数値が計算される。

Wikipediaより

上記の通り三振が多いというのが陽岱鋼のイメージです。

また調子の幅は大きく、今年のオープン戦時のようにホームランを量産するときもあれば、昨日のような内野ゴロを連発するときもあり安定していないイメージですね。

まとめると、調子の幅が大きくパワーはあるけど、バットに当たらないという感じです。

守備の特徴

日本ハム時代の2013年に400イニング以上出場した中堅手としてリーグトップのUZR13.3を記録した守備は超一流と評され、4度のゴールデングラブ賞を受賞している(2012年 – 2014年、2016年)。
遠投110メートル、50メートル走5秒9

Wikipediaより

UZR・・・「リーグにおける同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、守備でどれだけの失点を防いだか」を表す。

Wikipediaより

守備位置はメインはセンター、巨人ではライトもやっていますね。日本ハムの若手時代にはレフトも少し経験があるようなので練習したら守れなくはないと思います。

守備のうまさを表すUZRで2013年はリーグトップ、守備がうまいイメージがある陽岱鋼ですが、日本ハム最終年の2016年はUZR-10.0でリーグ最下位になっています。

2013年は盗塁王も獲得していますが、2016年はわずか5個に終わっています。

巨人はずっと外野手不足に悩んでいましたし、陽岱鋼の獲得が発表された時は僕もすごく喜びました。

しかし細かいデータを見ていくと、スピードの衰え、守備範囲の低下がよくわかりますよね。

2017、2018年は試合出場数が少なくUZRは分かりませんでしたが、守備の名手というイメージは持たない方がいいのかもしれません。

巨人が陽岱鋼を起用する理由

現在の巨人の外野はセンターが丸、レフトがゲレーロで固定されています。

ライトにどの選手を起用するかというところで、陽岱鋼、亀井が起用されてきましたね。

石川も一度ライトで起用されたかと思います。

失礼な言い方になりますが、陽岱鋼を起用する理由は消去法かなと思われます。

ある程度の守備力があり、実績があるのそういう面では使いやすいのかなと思います

打撃に関してはパンチ力もあるので下位打線に置く分には怖い存在にはなります

巨人が5番で起用していた理由はオープン戦で結果を残したことと、ビヤヌエバの実力が未知数だったからでしょう。

昨日の試合を見て、もう5番で起用されることはないと信じたいです、、、

あと陽は3億×5年契約の15億円(推定年俸)で契約を結んでおり、「使わないと勿体無い」という思考が多少働いているかもしれませんね。

他に良い外野手いないの?

陽岱鋼を使わざるをえないくらい外野手不足なの?と思いますよね。

丸、ゲレーロ、陽、亀井を除いて外野手を挙げると石川、重信、立岡、和田、松原と5人います。

この中で期待しているのは石川と重信です。

石川慎吾

生年月日(満年齢)1993年4月27日(25歳)
身長/体重178cm/80kg
血液型O
出身地大阪
投打右投げ右打ち
ドラフト年
2011年(3位)
プロ通算年8年
経歴東大阪大柏原高ー日本ハムー巨人

右投げ右打ちで長所はパンチ力ですね。

ダイナマイト慎吾という呼び名通り長打力があり右方向にもホームランが打てます。

右打者なので左投手の時に起用してみて、結果を残したら左右関係なくスタメン起用というやり方もありなのではと思っています。

趣旨とずれますが、ゲレーロが最近絶不調なのでレフトで起用するのもアリですね。

弱点としては守備が良くないところ。

守備で貢献することができないのでとりあえず打てなくてはなりません。

まとめると、若手でパンチ力があるので打撃の覚醒に期待したい、打てるなら守備は大目にみるという感じです。

重信慎之介

生年月日(満年齢)1993年4月17日(26歳)
身長/体重173cm/74kg
血液型A
出身地千葉
投打右投げ左打ち
ドラフト年(順位)2015年
プロ通算年4年
経歴早実高ー早大ー巨人

右投げ左打ちで長所はスピードです。

また昨年から体重増加をすることでパワーアップに成功していて、今年2軍では4本塁打も打っています。

昨年も185打席で打率.281を残していて、さらにパワーが付いているようなので期待しています。

弱点としては、右投手は得意ですが、左投手をかなり苦手にしていて打率にも大きな差があるということですね。

またライトを守った経験があまりないと思うので、これから練習する必要があると思います。

まとめると、スピードどパワーがあるので定着してくれると大きな戦力になります、今季は対左を克服できているか、そこに尽きます。

まとめ

陽岱鋼には過去の実績がありますが、身体能力も衰えてきていますし、最近の調子も良くありません。

データを見ればわかりますよね。

2軍で好成績を残している選手がたくさんいるわけですし、積極的に起用して欲しいですね。

ベテランを起用して負けるよりも、若手で負けた方が経験になりますし、将来的にはその方がいいはずです。

特に重信。

去年からの成長と2軍での活躍も含めて期待できますので、ぜひ使って欲しいです。

楽しんで頂けたらクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村


[affi id=2]